債務整理、過払い金請求(横浜)

横浜で自己破産の債務整理

複数の金融機関からお金を借りていて、給料のほとんどが借金返済にまわってしまい生活をしていくことがもはや難しいといった、借金問題で悩んでいる横浜にお住いの方でしたら債務整理で解決できる手段があります。

横浜には、債務整理に強い法律事務所が多数ありますのでそこで相談をすることで、まずは誰かに悩みを話すだけでも少しは気分をやわらげることができます。

債務整理となると、任意整理または個人再生等で借金の減額または利息の免除をしてもらえるように債権者である金融機関と弁護士が交渉をしてくれるのですが、任意整理や個人再生で返済計画を立て直そうとしてもそれでも到底借金を完済することが難しいとなると、最終的には自己破産という方法になります。

自己破産は借金の返済を全額免除してもらうことができる方法です。しかし、自己破産と聞くとこの世の終わりのような本当に最後の手段といったイメージがあるのですが、これは法律で認められている借金を解決させるための手段なのです。

もし自己破産という制度が無かった場合、借金苦で自殺をしてしまう人が後を絶たない世の中となってしまうので、自己破産することがよくないといったイメージがありますがそういったことはないのです。自己破産は借金が全額免除になる債務整理ですが、すべての方が破産をできるわけではないのです。

自己保有の財産を処分しても将来発生するであろう収入から考えても返済が難しいと裁判所に認めてもらうことで免責が受けられるのです。自己破産をすると、住宅などの財産も処分をしなければならなくなりますが、次の月から給料はすべて自由に使うことができるようになり、借金の督促もありませんので精神的にも解放されます。

ただし、自己破産をした事実は信用情報機関に登録されますので5年間から最大で7年間は新たに借り入れができなくなってしまうのです。また、官報といって政府の広報誌にも名前と横浜の住所が記載されてしまいます。ただし、普段暮らしていれば官報をチェックしている人も少ないですのであまりきにすることではないです。

自己破産の手続き中は、資格制限を受けます。保険の募集人や警備員といった金銭を取り扱う仕事の人はその仕事ができなくなり、またその仕事にも就くことができなくなります。自己破産は、債務整理の中で全額借金を返済しなくてもよくなるメリットのある手続きですが、その分デメリットも大きい手続きとなります。

↑ PAGE TOP