債務整理、過払い金請求(吹田)

吹田での債務整理を依頼する

任意整理で債務整理の手続きをすることのメリットは、借金を減額させることができる、債務不存在で和解ができる、さらには過払い金として手元に現金が戻ってくるといったどれかのパターンになります。

吹田市の法律事務所でも過払い金バブルとして多くの法律事務所が、請求手続きの依頼を受けてくれています。違法な金利で融資をしていた時代が消費者金融があったため勝つ確率が高い案件でもあるためです。

テレビCMでも過払い金を取り戻しましょうや払いすぎた利息が還ってくることがありますといったフレーズでよく耳にすることがあります。しかし、バブルはいつか終わります。任意整理や過払い金の請求をしてメリットがある人は、利息制限法以上の金利で最低5年以上は返済を続けていた人になります。

利息制限法では上限金利が定められています。10万円未満の限度額で上限20%、10万円を超え100万円未満で18%、100万円以上の限度額が15%を上限と定められていますが、この上限金利をはるかにこえる金利で契約したいると過払い金が発生している可能性が高くなるのですが、取引期間が1年や2年といった短い期間しか取引をしていない人にとっては、減額されたとしても1割程度しか減額することができないのです。

また、貸金業法が改正された2010年以降に借入をした人は借金の返済が苦しいからといって吹田市内の法律事務所に債務整理の相談をしても、法改正されてもはやほとんどの消費者金融が利息制限法の金利以下で融資を行っています。

つまり、違法な金利で貸し付けを行っている消費者金融が存在しませんので借金を大幅に減額できる根拠がないのです。ただし、任意整理の手続きは借金の減額をさせることができなかったとしても今後発生する金利はかからない状態で分割返済をしていくことができます。

借金の減額をさせることはできませんが、借金の総額を確定させてそれ以降は利息は発生せずに3年以内長くても5年以内で返済計画を立てていきます。それでも5年以内の完済が難しいのであれば、他の債務整理を検討します。

個人再生です。個人再生は、自己保有の財産を一部処分することで借金を大幅に減額できる手続きです。財産を処分といっても住宅など生活に必要なものは残したまま債務整理の手続きをすることができます。減額された借金を分割で返済していきます。吹田市にお住まいで借金問題で悩んでいる方は相談してみることです。

↑ PAGE TOP