債務整理後のクレジットカードについて。

債務整理経験者がクレジットカードを持つ為には

Web通販等の発達により、現金主義であってもクレジットカードを持っていないと不便という状況は増加しています。ただ、クレジットカードは審査があるので誰しもが持てるという訳ではありません。特に債務整理の経験がある人にとって、これは気になる点と言えます。

その実情ですが、まず債務整理を行うとその内容には拠るものの、5〜10年はその旨が信用情報機関に登録される事になります。審査時にその情報は業者側に開示されるので、この期間中は基本的に如何なるクレジットカードも持つ事が出来ません。

また債務整理を行った対象の業者については、個別のデータベースにその旨が記録されています。こちらについては、基本的に二度と契約を結んで貰えないものと考えて差し支えありません。

ですが裏を返せば、過去に取引歴が無い事業者に申し込み、且つ信用情報の掲載期間を経過しているのであればクレジットカードを持てる可能性は充分にあるという事です。但し掲載中に年齢を経ている上に、信用情報上は全くカードを持った事が無いか、債務整理を過去に行った可能性がゼロで無い人という見方をされます。決して有利な状況では無いという訳です。

そこで、少しでも審査が柔軟そうな事業者に申し込むのがポイントとなります。基本的に新規扱いとなる場合、消費者金融系が他の機関より柔軟性が高いとされます。そこでまずは消費者金融系カードを申し込んで実績を作り、必要とならばそこで培った履歴と信用を元に、他のカードも検討するというのが効果的な戦略となります。

↑ PAGE TOP