弁護士、司法書士に債務整理の相談をすることで借金をおさらばできる。

債務整理で借金の悩みを解決

金融機関からお金を借りたときは、利息分もまとめて返済します。 実は今まではお金を借りた時の金利が2種類あって、それぞれ違う法律を元に利息をとっていました。 一つは融資の法律でこの法律の上限金利は20%です。

もう一つは出資の法律で、この法律の上限金利は30%まで取れることになっています。 本来金融機関は融資の法律でお金を貸すべきですが、一部の金融機関は出資の法律でお金を貸していました。 それが最近、融資の法律でお金を貸すことに統一されました。 その結果以前出資の法律でお金を貸していた所は、過払い金請求を受けることになりました。 過払い金請求とは本来の金利である20%の利息ではなく、30%の利息をとっていた業者へお金の請求をするものです。

10%分金利の差がありますから、その差分だけお金を取り戻すことができます。 今まで高い金利でお金を貸していたのは消費者金融で、以前消費者金融でお金を借りていた人は過払いをしているかもしれません。 ただ過払い金請求をする時は過去の借入れを調べるのが大変なので、専門家に協力をしてもらったほうが楽です。

過払い金請求については弁護士などに頼めば、すぐに調べてくれます。 手続きも向こうのほうで処理をしてくれるので、手間はほとんどかかりません。 また高い金利をとっていたのは消費者金融以外にも多くあります。 例えばクレジットカード会社が高い金利をとっていた事もあるので、自分が過去に高い金利を払っていなかったか調べたほうがいいです。

↑ PAGE TOP