任意整理、自己破産、個人再生といった方法がある。

債務整理の種類

債務整理という言葉を、誰でも一度は見聞きしたことがあるでしょう。金融機関でお金を借りて返済できない場合、そのままにしておくと督促が来て、お金を借りた金融機関から訴訟を起こされるようになります。そのような事態にならないためにも、弁護士や司法書士に依頼して債務整理を行うのがお勧めなのです。

方法としては任意整理、自己破産、特定調停などがあります。任意整理というのは、決まった期間内で借金を分割して返済する方法で、収入が比較的ある人や売却できる家財道具がある人にお勧めです。

自己破産は、収入が少なくて返済ができない場合に、裁判所に申し立てをして返済を免除してもらう方法です。特定調停は、やはり借金を分割返済するという点で、任意整理と似ていますが、弁護士や司法書士に依頼せずに、自分で手続きをして、調停委員会を通じて返済額を決定します。

また債務整理をすると、信用情報にブラックがつきますので、その後しばらくはお金を借りたり、クレジットカードを申し込んだりすることができなくなります。任意整理や特定調停の場合は5年間、自己破産の場合は7年間が目安ですが、銀行の場合は、自己破産をすると10年間は借り入れができません。

また自己破産の場合は、官報に名前が載りますが、自分から言い出さない限り気づかれることはまずありません。ただ、いわゆる闇金業者が官報を見ていて、破産者に融資案内を送りつけてくることがあります。しかし闇金は異常業者で、一度関わると面倒なことになりますので、絶対に利用しないようにしてください。

↑ PAGE TOP