債務整理、過払い金請求(吉祥寺)

吉祥寺で債務整理相談

吉祥寺にお住いの方で消費者金融等からの借り入れをしている返済で悩みを抱えている方は、吉祥寺にある法律事務所にて債務整理の相談をすることです。直接法律事務所に行くのが面倒や忙しい方でも無料で吉祥寺市内であれば出張相談も可能です。

消費者金融の取引が長い方は、任意整理で債務整理の手続きをすることが有効な手段です。その理由は、取引期間が長ければ長い人ほど過払い金が発生している可能性が高いからです。取引期間が長い人であると、利息制限法ではなく出資法に基づく金利で契約をしていた時期があります。

利息制限法で定められている金利とは、10万円未満が20%、10万円以上100万円未満が18%、100万円以上が15%を上限と定められていますが、貸金業法が改正され以前の出資法の法律では上限が29.2%であり、このどちらの法律を消費者金融が遵守するかといえば当然高いほうの出資法です。

利息制限法の法律で定められた上限金利を超えて融資をすることはもちろん違法ではあったのですが、それを罰する法律がなかったためほとんどの消費者金融で出資法で営業をしていたのです。しかし、利息制限法を超える金利は出資法を守っていたとしても違法であるという判決が多く出たことや社会的な風潮から出資法も改正され利息制限法と同じ金利まで下げられたのです。

つまり、この時代から消費者金融で取引をしていた方は払いすぎていた利息があり過払い金となっているのです。どのくらい減額をさせることができるかですが、この時期に契約をしていたからといって必ず大幅に減額できるとは限らないのです。

1年から2年程度の取引期間が短ければ1割程度しか減額できないか全く減額されないこともあります。ただし、今後の金利はカットして返済はしていくことができます。5年以上の取引となると2割から3割は減額させることができます。昭和の時代や平成初期から契約をしていると100万円以上は過払い金が発生していることもあるので、既に返済が終わっていたりむしろ手元に現金が戻ってくることもあるのです。

引き直し後の残債、減額された借金はおおむね3年から5年で分割で返済をしていきます。負債が少ない場合は、一括返済で和解することもあります。分割返済についてですが、任意整理で債務整理をした後は金利がかからずに返済をしていくことができます。ただし、和解後の返済も滞ってしまうと以前の契約に戻ってしまいます。

↑ PAGE TOP