債務整理、過払い金請求(柏)

柏で受けられる債務整理サービスについて

過去に消費者金融から多額の借金をしていた経験がある人は、利息制限法の上限利率を超える金利を取られていた可能性があります。上限利率を超える利率が適用されていた場合、法的根拠がない金利を支払っていたことになりますので、払いすぎた金利分を取り戻すことができます。

この払いすぎた金利のことを過払い金と呼ぶのですが、これは黙っていても自動的に返してもらえるような金銭ではありません。返してもらいたい人は、貸金業者に対して返還請求の意思表示をする必要があります。

ただし、専門的な知識やノウハウを全く持っていない素人の場合、自分の過払い金の額を計算することもできません。金額をはっきりさせない限り過払い金の返還請求をすることができませんので、弁護士や司法書士が提供している債務整理サービスを利用するようにした方がよいです。  

柏には、過払い金返還請求をするための債務整理サービスを提供している弁護士事務所や司法書士事務所がたくさんあります。過払い金を間違いなく取り戻したいと希望している場合は、柏で営業している弁護士や司法書士の中から、債務整理業務を得意としている弁護士や司法書士を選び出して代理人になってもらうとよいです。

先程、柏には数多くの弁護士事務所や司法書士事務所があると書きましたが、事務所ごとに得意としている業務分野が異なっています。債務整理をほとんど行っていない事務所を利用しても、期待するような成果をあげることはできません。ですので、利用する事務所を決める際には十分に検討してみる必要があります。  

たとえば、柏市内で営業している司法書士に過払い金の返還請求を行ってもらう場合、まずその司法書士との間で委任契約を結ぶことになります。契約締結後、司法書士は、委任者が利用していた消費者金融に対して受任通知を発送します。

もしも、それ以前の段階で借金の督促が行われていたとしても、受任通知が消費者金融に到着すると同時にピタッと督促が止まります。一方、とうの昔に借金を返済し終わっており、取引当時の借用書や領収書が全く手元に残っていない場合には、司法書士が消費者金融に対し、取引履歴の開示請求を行います。

たまに、高い金利で借金をしていた証拠が手元に残っていないという理由で過払い金の返還請求を諦めてしまっている人がいますが、簡単に諦めてしまう必要はありません。いつ頃どの消費者金融からお金を借りていたのかというザックリとした事情さえわかっていれば、過払い金の返還請求をすることができます。

↑ PAGE TOP