過払い金請求をする際に必要になってくる事とは。

過払い金請求に必要な事

過払い金とは、借りたお金に対して払いすぎた利息の事をいいます。その払いすぎた利息を消費者金融に請求すれば過払い金として返還してくれます。過払い金請求をする際には、いくつかの重要なポイントがあります。

10年を過ぎてしまうと過払い金請求は出来なくなります。この過払い金は消費者金融との最終の取引から10年を過ぎてしまうと、請求が非常に困難になります。高い利息によって、たくさんのお金を返さなくてはならなくなります。

この高金利がまかり通っていた時代がありました。しかし高金利による借金苦や自殺などが社会問題となって2006年最高裁判所の判決によって、適法な利息として18パーセントまでと法律が改められました。

この法律の改正で、消費者金融との最後の取引から10年以内であれば18パーセントの金利で利息を計算し直し請求できるようになっています。つまり過払い金とは、過去の利息で払った合計から18パーセントで再計算した利息の差額が返してもらえる事になります。

↑ PAGE TOP